遺品整理のほかに特殊清掃が必要になるパターン

遺品整理などを行うとき、場合によっては特殊清掃が必要になる場合があります。特殊清掃が必要な場合、自分で清掃することは難しく、業者に依頼することをお勧めしますが、ここでは特殊清掃が必要になる3つのパターンを紹介します。

ゴミ屋敷になっている場合

ゴミ屋敷になってる場合、自分でやろうとすると、片付けに一か月以上時間を要したりすることもあり、かなり時間が奪われます。また、生ごみが腐敗して悪臭が出ていたり、たくさんの害虫が発生している可能性があり、この場合汚れが床に染み付いてしまってたり、臭いが部屋に染み付いてる場合が多く、部屋をきれいに片づけたとしても、特別な脱臭をしないと、臭いを除去することができなかったりします。ゴミ屋敷化してる場合は、脱臭を得意とした特殊清掃業者にお願いすることをお勧めします。

部屋の汚染がひどい場合

セルフネグレクトや認知症だった場合、部屋がかなり汚れていたり、部屋中に悪臭が漂っている場合があります。この場合、素人で清掃しても臭いや汚れが落ちないことがありますので、脱臭、除菌の専門家にお願いすることをお勧めします。

孤立死などで、死後時間が経過した後にご遺体が発見された場合

故人の方が、孤立死で発見された場合、体液が、床下まで広がってる場合もあります。単に清掃をしただけでは表面の臭いしか取れないので、この場合はリフォームも必要になってきます。また臭いが部屋にしみこんでいる可能性もあり、脱臭作業が必要になっていきます。

遺品整理、特殊清掃はアイリスコにお任せください

以上が、遺品整理のほかに特殊清掃が必要になるパターンになります。特殊清掃が必要な現場では、一般の方では臭いの根本的を取り除くことが難しく、また感染症のリスクもあります。無理せず、業者に依頼することをお勧めします。